忍者ブログ
ラフティング&カヤック・信号無視安全論
ラフティング多摩川・東京、奥多摩でラフティングツアーを開催しています。つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
[1] [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

704602d9.jpeg百合ちゃんオリンピック入賞祝キドカレーパーティを開催。なんとか年内に間に合ってお祝ができたので良かった。良かった。
城戸さんはじめお手伝いしていただいたみなさんありがとうございます。
百合ちゃんには参加者のみなさんからご祝儀が贈られました。
PR
1cb7c084.jpeg小田SALSAは65キロ艇。またしても先に夢くんに乗られてしまった。
トレロに比べ、サイドの壁がはっきりしていて、スターンのボトムが全体に平らになり、回転性が増したが立ち上がりは難しくなった感じ。
2b4452d1.jpegカイマンの新型SALSAに乗るのは太郎さん。自らデザインしたカラーリーングに本人はウキウキだが、周囲からは「養生テームを貼ってるみたい」と冷たく扱われていて、お気の毒。
16eace57.jpeg二人併せて70万円超のクリスマスプレゼントをもらって笑顔全開の矢澤兄弟。
一輝デザインの水玉ボートは新型ではなくなんとPREMIER。デザインのセンスはさておき周りに流されずに自分が気に入ったボートを選ぶあたりはさすがだ。
それにしても、この不景気のご時勢に子供に70万円越のクリスマスプレゼントとは、、、親父が公務員でよかったね。
81c0ae14.jpeg徳島のラフティングチーム・リバーフェースが今年2回目の御岳合宿を行った。
流れや慣性を使って待つ=間を使うと言うことがスラロームには本当に重要なことなんだとあらためて感じさせられた合宿でした。
調子に乗られても困るので本人たちには言いませんでしたが、4月の時と比べるとチームとしてのまとまり感が格段に上がっているようでした。でも相変わらずバウ操作できず。
画像は冷たい雨が降りしきる中、一人で夜練しにやってきた百合子ちゃんと。日本のトップスラローマーが練習時間を作るのに苦労したり、地道にコツコツ練習をする姿を見られただけでも収穫だと思ってほしいものだ。
fc6f31ea.jpeg&百合ちゃん仮免合格祝で毎週宴会のお題目に事欠かない、シアワセなクラブですな。
51330643.jpeg太郎・大樹「おめでと~」
俊平「ありがっ、あ~」
どっぼ~ん(竹芝の海に落ちる音)。
つづく

2e2db869.jpeg海の向こうからは早くも次期政権のスタッフを公表し準備に余念のないオバマ氏の活躍が報じられる。一方のわが国では、口の聞き方知らない、漢字読めない、空気も読めない、政策作れない、世間知らない、おまけに選挙できないトップが今日も恥を知らない発言で、諦めムードの広がりは歯止めを知らない。アメリカがちょっとうらやましく感じてしまうなんて、世も末だ。

居酒屋アルバイトの大学院生が路上で強引な客引きをしたとして逮捕されたというニュースが流れた。なんだか気の毒な話だ。強引な客引きは確かに迷惑だが、悪の根源は客引きをさせた居酒屋の経営者にあるはずなのに、経営者はお咎めなしという。なんでも報酬は客引き成功の場合1人につき50円だったそうだ。たった50円のために将来のある若者に逮捕歴という汚点がついてしまった形だ。
どうにもこの手の不条理、不正義の蔓延が今回の元次官殺害や、秋葉原の事件を起こした犯人に見られるような人格異常者を生み出す背景になっているような気がしてならない。
明らかに横領しているのに証拠がないので解雇もされぬ社保庁の職員。人の命を軽く扱う医者や製薬会社。家畜に共食いをさせる酪農家。安全を置き去りにする食品業界。働きもしないのに法外な退職金をもらい歩く天下り官僚。公的資金で救われたはずの銀行が貸し渋り。中小企業が黒字なのに破綻。問題は先送りでバッチに固執する政治家。子を叱らない親や教師。日本で生まれ育った子がフィリピンに強制送還。
こうした人間たちが作る社会で育つ子ども達に公共マナーや人を思いやる心が育つわけがない。
この世で生き抜くためには金が全てとなり、良心や郷土愛は地に落ちる。テロリストが褒められ、詐欺師が胸を張る時代の到来は近いだろう。
言い方を変えて整理したい。
地域、家庭、教育、文化、経済、政治といった社会の安定性を支えるバックグラウンドが崩壊すると、社会的な懐がなくなり、人格異常者や精神異常者に対する受け皿も小さくなる、その結果、昨今の異常な事件・事故が起りやすくなる。逆に言えば、全ての事象はその時その世代が作りだす社会の産物なのだ。

なんでもバブル期に若者だった世代の特徴は、1.借金してでも欲しいものは手に入れる。2.デートの時、女の子にはお金を出させない。3.カタカナ職業に憧れる。だそうで、今の若者には一切通じない特徴だという。
私は変わり者で世の常識にはとらわれないで生きてきたつもりだが、上記の特徴に完璧に収まっていることに気がついて愕然としてしまった。
どんなに粋がっていても、やはり社会の流れには逆らえないものなのだ。
せめて、みたけカヌー教室という存在が社会のエディになれるように頑張ろう。


e614f609.jpeg百合子ちゃんがついに20歳の誕生日を迎えた。それよりも俊平さんが気を利かせてモエシャンドンを持ってきたのに驚いた。百合ちゃんはみんなから愛されているのですね。
というわけで、人生初めてのお酒で乾杯。百合子曰く、「あれ、おいしいですね、コレ。」
d0b6fa45.jpeg公子ちゃん、かわいかったですね、、、、、。
新婦の画像はもったいないので、画像はちょっとハズしてピエパの後継者、モリエンティ選手のウエルカムボートにしてみました。
6f5cf30d.jpegSvetaちゃんとKaterinaちゃんがご来流。
長良川のラフティングレースに参加するカザフスタンチームにスラローマーの2人がついてきたので、試しに御岳に誘ってみたら夜行バスに乗って来てくれました。
画像右のKaterinaちゃんはペキン12位のオリンピアン。2人とも土曜日のジャパンカップに飛び入り参加するので、みなさんお楽しみに。
それにしても、スタートの瀬に金髪娘がいると急に華やぎますな。でへへ。
小田撮日本選手権の画像は↓からどうぞ。
http://www.photohighway.co.jp/tp/15_f.asp?key=2161091&un=53772&m=0&pa=&Type=15

9a987d8e.jpeg全日本選手権のゼッケンスポンサーになりました。なにかの大会に協賛するのはこれがはじめて。コンセプトの新マークもできたことだし、参加者へのプレゼントすることと自由にデザインさせてもらうことを条件に奮発してしまいました。
参加者のみなさんに喜んでもらえると良いけど、、、。
モデルは国体優勝が人知れず努力した賜物と信じてる八木選手、ベスト着てないのにピッチピチです。
c7032707.jpeg悲しいかな、恥ずかしいかな、隣の沢の画像。洗剤のニオイがするから覗いてみたら、この通り。
白く見えるのは、洗剤の泡と思われる。
下水道は完成していても、個人宅と下水道をつなぐ工事は個人負担らしいので、実際はこの通り。ちょっと多く雨がふると沢が溢れて、見たくないものが見えてしまう。知事が下水道の普及率に目を細め、東京の人たちが水道水が美味しいと胸をはり、観光協会が名水と謳う、多摩川の現実だ。
489e040c.jpeg8月19日 オリンピックは観たいが、オリンピック番組はとても観られたものじゃないので、余分なものは観ないようにしながら(これが結構むずかしい)、競技だけを観るようにしているが、ついうっかりTBSの朝番組を観てしまって、いつも偉そうな態度が鼻持ちならない人気キャスターの言葉に、思わず殺意を感じてしまった。中国の英雄ハードラーの劉選手がスタートで棄権をしてしまったことについて、中国人は金メダルを取ると国を挙げて英雄扱いする一方で、成績が悪いと非国民呼ばわりしている。国のためにスポーツをしなければいけないので、選手たちが気の毒だ。中国人は(民度が低くて)純粋にスポーツをスポーツとして楽しむことができないみたいなことを言っているのだ。思わず「その言葉、そっくりそのまま貴様ら日本のマスコミにお返したい」とテレビに向かって怒鳴ってしまった。程度の差こそあれ、日本人も中国人もスポーツという欧米の文化をまだまだ自分たちの文化として消化していないことが、オリンピックになると露呈してしまう。共産主義者による民族掌握の手段としてスポーツを利用している中国よりも、視聴率至上主義でTV局とタレントを儲けさせるためにスポーツを追いかけている日本のマスコミのほうが、よっぽどたちが悪いと思うのは私だけだろうか。そのマスコミに扇動されて、メダル至上主義を突き進んでいる体育協会やJOCも、もちろん同罪だ。選手にとってはありがた迷惑な団体でしかない。
オリンピックはスポーツの祭典であり、アスリートたちのゴールでもある。なのにオリンピック標準記録を破っても、決勝に残れそうも無い記録だと出場できない水泳選手たちは本当に無念だと思う。自己記録を更新して世界のセミファイナルにまで残った選手は、栄誉を讃えられるべきはずなのに、惜しくも予選敗退などと言われてしまうことが、私には悔しくてならない。

d7ac7ee4.jpeg8月15日。今日は日本スラローム界にとって歴史的な日となった。百合ちゃんオリンピック4位おめでとう。本人はラッキーでしたと謙遜するが、なんの、ビデオを見る限り、堅実でクレバーなプレイは難コース攻略の見本とも言える見事なものだった。日本チームの場合、組織力ゼロというハンデがあるのだから、本当に大した頑張りだったと思う(チームが雇った外国人コーチはじめ幹部たちは決勝前日に帰ってしまったそうだ。)。
今回4位というとてつもない高いハードルを自ら築いてしまったわけだが、この結果はメリットの方が圧倒的に多いはず。JOCからの強化費UPという金銭面はもちろん、トップパドラーとしてのプライド、国内での知名度UP、なにより今後の取り組みへの決意をゆるぎないものにしてくれたのではないだろうか。なにしろ今度はメダルを取らなければならなくなったわけだから、腹をくくってがんばらなければなるまい。あと10秒。今日の収穫が4年後への大きな原動力になって欲しい。
ステファンカは本当に残念でした。でも、攻めての沈だったので納得。その後もレースを投げないでお手本のような美しい漕ぎでゴール。ゴール後カメラに向かって手を振る姿に感動しました。これで引退かな?長い間ありがとう、お疲れさでした。94年にキスしてもらったことは私の一生の宝物です。

(その後もヨーロッパのレースに出てるみたい)
5589e018.jpeg百合子ちゃんも遅れて登場。
悔しそうな4人とは対照的に、夜中だというのに輝いていました。

明日は朝から市長に呼ばれて表敬訪問だと。本当にお疲れさんです。市長にはこんな時だけじゃなくて継続的かつ具体的な応援をしてほしいものです。
03192646.jpeg成田から直行で北京代表チームが御岳に挨拶しに来てくれました。みんな悔しそうな顔をしていたので、これからが楽しみです。卓也くんから決意の感じられるコメントがありました。曰く「またヨーロッパにすぐ行ってきます」。
d8065862.jpegご来流。カヌーしている子を持つお父さんはなにかと大変です。
素直な性格で協調性のある子には周囲の人たちかが自然に協力してくれるような環境が御岳にはありますので、大いに利用して下さい。
b1c32361.jpegチェコでテレビ観戦している大樹からの国際電話による実況放送を聞きながら、リアルタイムで盛り上がる御岳の面々。(映像がないからマエハタガンバレの世界だった)
画像は4位決定直後の歓喜の乾杯。
その後、百合ちゃんから
「結果は悔しかったけど、みなさん、応援本当にありがとうございました。」という喜びの国際電話がありました。
ロンドンは大応援団で行きましょう。
398200ab.jpegチンパンジーだかオラウータンだかの研究でずっとボルネオだかマダガスカルだかにいた(ちっとも人の話を聴いてないねオレ)筑波OGのコッテリーナ(本名)ちゃんが、ダンナを連れてペアルックで登場。チャーミングな眉毛も健在。末永くお幸せに!!
bd1bc269.jpegスラローム艇ではできないので★2つかな。しかし、こんな人が数人でつるんでたら暴走族だね。
八木君とカブの取り合わせは完璧ですね。
5d919882.jpegボートが運べないのが残念なので、★1つ。体が大きいとモンキーが良く似合いますね。太郎さんは毎日この格好で御岳に通ってきます。小田@ゴリラ派。
61ee0795.jpeg頭のてっぺんに産毛が残るカワイイお客さんがやってきました。幸いウチの悪魔たちがいなかったので、無事でしたが、遠くでお母さんらしきヒヨドリが絶叫していました。頑張って生きろよ。
846cfec6.jpeg早稲田OBの樋口くんと、日慶OGの千葉ちゃんが結婚。清清しい写真を送ってきてくれた。樋口くんは、在学時代からイチ押しの好青年だったので、千葉ちゃんがもらわれてしまって残念だが、諦めるしかないだろう。
二人ともこのまま末永く突っ走ってくれたまえ。御岳から応援しているよ。
ac047c0b.jpeg付き合い始めた二十歳の時から数えると、来年はついに銀婚式となってしまう二人。今後とも末永くシアワセにしてね。
私がおめかししている画像はこれが初公開。でへへ。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[05/14 backlink service]
[07/08 通りすがり]
[04/09 小田弘美]
[04/08 ラフター]
[03/16 しゅんぺい]
[01/03 あさの]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小田弘美
年齢:
53
性別:
非公開
誕生日:
1963/11/10
職業:
パドラー
趣味:
ネット通販
自己紹介:
好きな物 苺 珈琲 花 美人 カヌーの後のシャンパーニュ、なんちゃって。
カヌースラローム競技のメッカ 東京・多摩川・御岳渓谷の畔で愛妻と猫たちと、愛すべき多くのパドラーたちに囲まれて暮らしています。
予約、相談、駆け込み大歓迎。カヌーとラフティングと恋愛のことなら力になります。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
Copyright ©   ラフティング&カヤック・信号無視安全論   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]