忍者ブログ
ラフティング&カヤック・信号無視安全論
ラフティング多摩川・東京、奥多摩でラフティングツアーを開催しています。つれづれなるまゝに、日暮らし、硯にむかひて、心にうつりゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。
[220] [219] [218] [217] [216] [215] [214] [213] [212] [211] [210
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっとネタが古くなりましたが、
サカナくんが絶滅したとされていたサカナさんたちを発見したという二ユース。
サカナさんたちが見つかったのも喜ばしいが、漁師さんや大学教授さんではなく、あのサカナくんがサカナさんたちを発見したというのが、実にうれしい。
サカナくんのサカナに対する知識の凄さは、なにかのTV番組で観て知っていた。
彼か彼女かは知らぬが、たぶん子どものころから三度のご飯もサカナだったほど、サカナが「好き」だったに違いない。
サカナくんのインタビューを聞いていると、サカナくんが持つ専門知識と行動力と探究心は、全てこの「好き」がもたらすパワーによるものだと判る。

また、なにか新しい発見をしたり、未到の境地を切り開くとき、ベースとなる素養の高さがいかに必要かということも、サカナくんが教えてくれている気がしてならない。いくら行動力や探求心があっても、それだけでは新しい扉は開けない。サカナくんの根底にあふれるほどの専門的な素養があったからこそ、今回の大発見につながったのだと思う。

カヌースラロームもしかり。だれかの真似をして、上辺ばかり取り繕ってるようなカヌーをしているウチは、新しいスタイルなど生み出せるはずがない。
この冬、まずは静水でみっちり漕ぎ込んでこよう。

カヌースラローム界にもたくさんのサカナくんがいるので、期待を膨らましつつ、年が明けました。
みなさま、新年おめでとうございます。たくさんの年賀状やお年賀をいただき、ありがとうございます。

それからはじめて、このブログにもコメントをいただきました。
「あさの」さんありがとうございます。

おめでとう、ありがとうで始まる日本の新年に幸あれ。

小田弘美 www.canoebar.jp




PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/14 backlink service]
[07/08 通りすがり]
[04/09 小田弘美]
[04/08 ラフター]
[03/16 しゅんぺい]
[01/03 あさの]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
小田弘美
年齢:
53
性別:
非公開
誕生日:
1963/11/10
職業:
パドラー
趣味:
ネット通販
自己紹介:
好きな物 苺 珈琲 花 美人 カヌーの後のシャンパーニュ、なんちゃって。
カヌースラローム競技のメッカ 東京・多摩川・御岳渓谷の畔で愛妻と猫たちと、愛すべき多くのパドラーたちに囲まれて暮らしています。
予約、相談、駆け込み大歓迎。カヌーとラフティングと恋愛のことなら力になります。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
Copyright ©   ラフティング&カヤック・信号無視安全論   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]